地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、守口・門真の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

守口・門真の地域情報サイト「まいぷれ」

もりかどNEWS

2018.10.27号 もりかどNEWS

守口門真エリアのニュースを新聞記者がしっかり取材。

門真市シルバー人材センター 会員数が増え続ける秘密とは?

 

シニアパワーで年商6億超え!

 60歳以上の元気なシニアたちが働ける場を提供する「シルバー人材センター」。少子高齢化が進み、高齢者の数は伸び続けているが、65歳以上への定年引き上げやシニアの若返り、年金の問題などを背景に、全国的に入会率は低迷している。

そんな中、門真市シルバー人材センターは全国でも有数の会員増加率を誇っている。その秘密に迫った。

(矢嶋隆弥)

マクドナルドでデリバリーを行うシルバー人材センターの会員

 門真市シルバー人材センター(以下、門真シルバー)の会員数は2017年度末で1651人となり前年比103人増。契約金額も同年度末で約6億3000万と、こちらも前年度末比で4・7パーセント増。また2018年10月現在で既に1725人と目標値の1700人台を超えており、入会率は年々右肩上がりだ。
 なぜそこまで会員数は増加の一途を辿るのか。一つは普及啓発活動にある。その主な取り組みが、地域イベントへの参画。特に指定管理を行う弁天池公園(門真市岸和田)で春と秋に行われるイベントを実施しており、来場者はおよそ5000人。老若男女問わず大勢の人が訪れる中で活動のPRを行うなどして認知度を向上させている。
 その他、ふるさと門真まつりやプラザde門真もん市、ラブリーフェスタなどにも参画。PRにとどまらず、警備ボランティアや模擬店出店も積極的に行い、もはや市内のイベントでは欠かせない存在だ。
 イベントを通じて、会員たちが活躍する場が増えており、相乗効果も大きい。「実際に会員たちが動いているところをリアルに見せることで、一般の方にも影響力は大きい」。和多幸司朗常務理事兼事務局長はそう語る。
 派遣への取り組みも他市より先進的だ。事務局職員が門真市内の企業へ営業をかけて、福祉施設、工場、ファストフード店など多岐にわたる業種から仕事の受注が入り、入会すれば何かしらの仕事がある状態だ。信頼関係を気づくための努力をいとわない姿勢もあり、会員と派遣先との信頼関係も良好。大宮弘副理事長は「地理的なものあるし、営業力もある。それに大きなトラブルが一切ない」と話す。
 入会の審査(手順)がしっかりしており、入会証をもらうまでおよそ1カ月ほどかかり、さらに入会後も適正就業の研修会などを毎年実施するなど他市にはない努力をしていることで、常に会員の“質”を高めている。
 和多事務局長は「派遣先、イベント先々でも、1人1人の会員さんが信頼してもらうために手間暇をかけているからだと思う」と分析する。
 イベント等のPR活動を通じて“リアルを見せる”こと。仕事先での信頼関係の構築。会員1人1人が高い質で仕事ができる環境を創り出すこと。そしてイベントや派遣の仕掛けで会員が活躍する間口を広げていくこと。すべて役員・事務局職員が一体となって手間暇かけて取り組むこと。門真シルバーが伸び続ける秘訣は、「努力」というシンプルな答えだった。

門真まつりでの普及啓発活動

イベント会場での清掃ボランティアの様子

全日本選手によるバレーボール教室開催

パナソニックパンサーズが門真にやってきた

 門真ロータリークラブが主催する「バレーボール体験教室」が10月4日、門真市立総合体育館で行われ、指導者としてバレーボールのプロリーグ「V.LEAGUE(ブイリーグ)」1部所属の強豪「パナソニックパンサーズ」から、キャプテンで全日本にも選出されている深津英臣選手、同じく全日本の福澤達哉選手と山内晶大選手ら現役5選手が参加した。
 教室には地元の小・中学生から高校生、ママさんバレーの選手たち約100人が参加。普段なかなか肌で感じることのできない全日本レベルのプレーヤーを目の当たりにしながら、基本練習からゲーム形式などおよそ2時間バレーに打ち込んだ。
 参加した門真市立第三中学校バレー部の小柳実久さんは、「カバーやアタックが凄かった。アタックなど教えてもらえたことを練習でも生かしたい」、奥田萌々(もも)さんは「細かいところまでしっかり教えてもらえて良かった。(プロは)スパイクの強さやカバーリングは流石だった」と思い思いに感想を語った。
 教室の最後には抽選会やサイン会が行われ、パンサーズの選手らとの交流を楽しんだ。

熱心に始動する山内選手(右)と専田選手(左)

プロに負けじと強力なスパイクを放つ参加者

みんなオレンジでRUN♪RUN♪

守口らんらん♪2018 昨年に続き今年も開催

オレンジに染まる歓喜の輪に向かってゴールを目指す参加者ら

 「認知症の方にやさしい街へ!」を目的とした認知症啓発イベント「守口らんらん♪2018」が10月7日(日)に行われ、初開催だった昨年を大きく上回るおよそ300人もの人々が参加した。
 今年で2回目となった守口らんらん♪は、認知症患者やその家族、高齢者、支援者、市民、誰もが認知症支援の象徴であるオレンジ色の「守口らんらん♪Tシャツ」を着用し、守口市内の福祉事業所や公共施設などを巡りながらゴール地である松下介護老人保健施設はーとぴあ(守口市外島町)を目指すもので、同時に参加者や市民に向けて、認知症への関心を高め、誰もが理解し合えることを目的としたイベントだ。
 コースは北、南、近隣の3つにわかれ、それぞれのコースからゴール地点に戻ってくると、同施設に集まった参加者・スタッフたちは大歓声で迎え、最後の走者がゴールする頃には「守口らんらん♪Tシャツ」のオレンジ色に染まった歓喜のトンネルとなり、感動的な高揚感に包まれていた。
 主催した運営委員会の松村薫委員長は「去年は悪天候だったが、今年は天気に恵まれ参加者も多く、全員が無事にゴールできたことが良かった」と話し、続けて「『どないしはったん?』と声をかけられる街になっていくといいなというのが一番の願い。ちょっとした気持ちがあるだけで何かが変わってくるのかなと思う」とイベントを通じて考えるきっかけになればと思いを込めた。

マツキヨ、ミノルなど続々エル守口出店ラッシュ

 京阪守口市駅の高架下の商業施設「エル守口」が出店ラッシュだ。今月1日にドラッグストア「マツモトキヨシ京阪守口市駅店」がオープンしたのを皮切りに、28日には時計修理と宝石・貴金属の店「ミノル守口店」が店舗を拡大してリニューアルオープン。電池交換500円引きなどのキャンペーンを実施する。さらに 11月下旬に整体・骨盤矯正の「カラダファクトリー守口市駅店(仮)」がオープンする。


 

この記事に関するキーワード

  • 2018.10.27号 もりかどNEWS

    守口門真エリアのニュースを新聞記者がしっかり取材。

    もりかどNEWS 2018.10.27号 会員数が増え続ける秘密とは? 門真市シルバー 人材センター。他、全日本選…

PICK UP 守口・門真のお店 ~ショッピング~

人気のキーワード