地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、門真の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

門真の地域情報サイト「まいぷれ」

まちの明るいニュース

真夏の訪れを告げる「象鼻杯&真夏のカーニバル2016」開催!!

門真に真夏の訪れを告げる恒例イベント「象鼻杯&真夏のカーニバル」が今年も開催されました!

2016/07/19

門真において夏の風物詩としてすっかり定着している「象鼻杯&真夏のカーニバル」
今年も海の日となる7月18日(月・祝)に弁天池公園で開催されました。

今年で8回目となり、弁天池公園での実施は5回目となった今回の「象鼻杯&真夏のカーニバル」。ちょうどこの日は梅雨明けが発表され、名実ともに夏の幕開けに相応しいイベントとなりました。

この日は灼熱の太陽が降り注ぐなか、蓮の茎でお酒を楽しむ「象鼻杯」の体験、門真のええもんがそろった屋台、ステージでの様々なパフォーマンスなどで弁天池公園はアツく盛り上がりました。

そして、夜は今年も「弁天池ビアガーデン」が行われました。
イベントの関係者、門真市内で普段活動される様々な人々約200名が集い、振る舞われた美味しい料理や地ビール、門真のお酒などを味わいながら、地域の輪を深め合いながら楽しまれていました。

◆象鼻杯って何?◆

門真の名産でもある蓮根の根となる蓮の葉に酒を注ぎ、茎を通って飲むことを言います。
茎を通して酒を飲む様子がまるで象の鼻にたとえられ、蓮の香りとともに味わい、無病息災・長寿に通じ、先の見通しもつく縁起のよいものとされています。
※子どもやお酒が飲めない方はお水で体験できます。
ガラスケ&蓮ちゃんも登場!!
ガラスケ&蓮ちゃんも登場!!
シルバー人材センターによる清掃ボランティアも実施。
シルバー人材センターによる清掃ボランティアも実施。
ホルモン焼き!美味しそうな香りに惹かれます。
ホルモン焼き!美味しそうな香りに惹かれます。
揚げ物でスタミナ付けましょう!
揚げ物でスタミナ付けましょう!
メイドイン門真の美味しいお酒も。
メイドイン門真の美味しいお酒も。
シルバー人材センター女性部によるブースも人気です。
シルバー人材センター女性部によるブースも人気です。
自転車を使ったパフォーマンス!!
自転車を使ったパフォーマンス!!
力のある沖縄太鼓のパフォーマンス!
力のある沖縄太鼓のパフォーマンス!
市民劇団による寸劇も披露!
市民劇団による寸劇も披露!
かっこよく迫力のあるよさこいショー!
かっこよく迫力のあるよさこいショー!
蓮ちゃんが見守る中、親子漫才も披露されました。
蓮ちゃんが見守る中、親子漫才も披露されました。
パワフル全快のゴスペルショー!
パワフル全快のゴスペルショー!
今年もゲストギタリスト「木村モモ」さんの美しい旋律が響き渡ります。
今年もゲストギタリスト「木村モモ」さんの美しい旋律が響き渡ります。
イベント実行委員長の門真飲食店元気塾・西尾さん。
イベント実行委員長の門真飲食店元気塾・西尾さん。
総合司会のソロアーティスト・なかたかおりさん。
総合司会のソロアーティスト・なかたかおりさん。
第2部「弁天池ビアガーデン」<br>日も暮れていい雰囲気に包まれた中でスタートです!
第2部「弁天池ビアガーデン」
日も暮れていい雰囲気に包まれた中でスタートです!
食欲をそそる美味しそうなビュッフェ。
食欲をそそる美味しそうなビュッフェ。
暑い夏には、冷たい地ビールがイチバン!
暑い夏には、冷たい地ビールがイチバン!
再び披露されたバイクパフォーマンス。
再び披露されたバイクパフォーマンス。
ハワイアンの心地良いフラのダンスで、しっとり締めくくります。
ハワイアンの心地良いフラのダンスで、しっとり締めくくります。
イベントの盛り上がりを静かに見守るお月さま。<br>ビアガーデンに相応しい幻想的な空間を一層創出してくれました。
イベントの盛り上がりを静かに見守るお月さま。
ビアガーデンに相応しい幻想的な空間を一層創出してくれました。

☆ 編 集 後 記 ★

「真夏の愛を抱きしめて」
「溢れるトキメキは」

-ナツノハジマリ- 
(BLEEZE/GLAYより一部引用)

この言葉がふさわしいほどに、今年も「象鼻杯&真夏のカーニバル」によって門真に夏がやってきました。これは、多くの人が口をそろえられることでしょう。
弁天池での開催も5回目となり、すっかり真夏の風物詩として知られるようになったのではないかと思います。

一方で主催される方によると、本来この「象鼻杯」は、<蓮の畑の中で行うからこそ意味がある>と常々仰られます。
これは蓮田で獲れた蓮の葉を、少しでも近いところで感じ、古き良き伝統をもっと身近に触れることができる、などの意味があるそうです。

とは言っても、毎年夏に行われるこの象鼻杯もすっかりお馴染みの伝統行事。
門真市内においても、これから未来を担う人々にとって、少しでも伝統とふれ合えるきっかけとなることは間違いありません。
いつまでも伝統を受け継ぎながら、門真の未来を明るくして行っていただきたいです!


まいぷれ編集部 T.Y.