地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、門真の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

門真の地域情報サイト「まいぷれ」

まいぷれ門真 子育てコーナー

編集部がおすすめする絵本!!

まいぷれ門真×ef協働企画!~笑って、泣いて、楽しめる、絵本の持つふしぎな力~

「おふとんかけたら」

幼児におすすめ!!
「ソフトクリームが大好きな君へ・・この絵本は読んではいけません。号泣します。」

どんなねぞうになるのかな?登場するみんなのゆかいなねぞうにおやすみ前に親子でいっしょに大わらい。
パステル調のやさしいタッチの絵の中にある、ほんわかな雰囲気に大人はハマり、子どもは大はしゃぎします。よ~く見ると面白い発見がありますよ♪♪
色んなおふとんで寝るみんなに「おやすみなさい」と語りかけたくなる絵本です。   

 まいぷれ門真編集部:T.K

 「おふとんかけたら」<br>かがくいひろし/ブロンズ新社
「おふとんかけたら」
かがくいひろし/ブロンズ新社

「かおかおどんなかお」

親子で楽しめる!!
「子どもの成長を感じられる絵本」

甘~い顔、すました顔、いろんな顔がでてくるこの絵本のうちでの楽しみ方は、僕が「○○な顔!」と言って子どもたちがその顔をまねすること。この絵本を買ったころは、「笑った顔」や「泣いた顔」ができるだけで夫婦大喜び。最近、何年かぶりに本棚から手にとって「怒った顔」をしてもらうと「フンガー!!」って鬼のような形相に。「えっー!いつからそんな怖い顔できるようになったん?!」と驚きました。そういえばこないだママそんな顔してたかも…。僕が一番好きな顔は「いたずらな顔」。お子さんの「いたずらな顔」。ぜひご覧ください。

コメントご協力ありがとうございました!
コメントご協力ありがとうございました!
「かおかおどんなかお」<br>柳原良平/こぐま社
「かおかおどんなかお」
柳原良平/こぐま社

「じごくのそうべえ」

何度読んでもおもしろい!!
「絵にどきどきお話にぞくぞく地獄絵本のロングセラー!」

上方落語・地獄八景より、軽業師(かるわざし)そうべえのお話。
そうべえがいつものように大勢の見物人の前で、松の枝から酒蔵の屋根までの綱渡りに失敗しあの世へ行ってしまいます。地獄送りとなったそうべえは死後に遭遇する仲間たちと様々な特技や知恵を活かしてえんま大王をうならせます。慌てて逃げる様子や表情がとても愉快で爽快な絵本です。

まいぷれ門真編集部:Y.F

「じごくのそうべえ」<br>田島征彦/童心社
「じごくのそうべえ」
田島征彦/童心社

「おおかみだってきをつけて」

名作童話のコラボ!!
「コミカルなイラストとテンポのいいストーリーがおもしろい。大人がハマる絵本」

おなかを空かせたオオカミが、絵本を持って狩りに出かけました。
つぎつぎに出会う獲物を狙い通りに捕まえることができたのか。
いつだってオオカミは悪者ですが、出会う獲物はなんだか様子が違います。さて、今日は誰が食べられてしまうのか。スリル満点の獲物とオオカミの駆け引きの結末は!?

まいぷれ門真編集部:Y.F

「おおかみだってきをつけて」<br>重森千佳/フレーベル館
「おおかみだってきをつけて」
重森千佳/フレーベル館

「てんごくのおとうちゃん」

大人でも感動!!
「2回、3回と読みかえすと心の中がじんわりしてきます。」


今は天国にいるおとうちゃんとのエピソードを一つ一つ思い返していく僕。遊んでくれたこと、怒られたこと、すごいなぁと思ったこと。どれも全部大切な思い出。
関西の昭和のおっちゃん感まるだしのおとうちゃんと、僕の成長が寂しいながらも感じ取れる絵本です。
いろんな背景画から懐かしさを、大人も感じられるはず・・。関西圏外の子どもたちが読んだらどう思うのかな?とふと思ってしまう一冊。

まいぷれ門真編集部:T.K

「てんごくのおとうちゃん」<br>長谷川義史/講談社
「てんごくのおとうちゃん」
長谷川義史/講談社

「ルリユールおじさん」 いせひでこ/講談社

優しさで胸いっぱい!!
「ルリユールとはパリの憧憬の象徴かもしれません・・。」


ルリユール【製本職人】おじさんと少女の素敵な物語。おじさんと少女の会話がほのぼのとしていて心が温かくなります。
「名をのこさなくてもいい。」この言葉の魅力を感じるには手に取り読むしかありません。
物が溢れている時代で、大切な何かを気づかせてくれます。
この絵本に出逢えて私は良かった!!

まいぷれ門真編集部:T.K
「ルリユールおじさん」<br>いせひでこ/講談社
「ルリユールおじさん」
いせひでこ/講談社

子育て応援サポーター藤田さんの子育ち・親育ち第1回目「絵本の力」


はじめまして。子育て応援サポーターの藤田です。
子育て奮闘中の母親です。

子どもは私の宝物!!

子どもの育ちと親の育ちを応援しています。

今回より、定期的に子育てに関する情報をお届けします☆

― 絵本のすごい力 ―

絵本の世界には夢や願い、そして、赤ちゃんから大人までもハマる魅力がいっぱい。
豊かな心と多様な価値観を養う為に、幼い頃から親子で絵本に触れることはとても大切なのです。

 「ブックスタート事業」知ってる?

門真市では、生後4か月の検診の時期に絵本の読み聞かせを赤ちゃんとお母さんに体験して貰い絵本を一冊進呈しています。


「ブックスタート ホームページ」≫≫≫ 

門真市の図書館情報!!

◇門真市立図書館では「赤ちゃんふれあい絵本タイム」を開催。
読み聞かせ用の大きなサイズの絵本も登場。
◇図書館には、乳幼児のお母さんが「ホッ。」と出来る本や「なるほど。」と思える本、育児雑誌などもたくさんありますよ。
◇図書館本館には2階に授乳室が市民プラザ分館には1階「なかよし広場」の奥に授乳室があります。

図書館の様子
図書館の様子
なかよし広場
なかよし広場